完美世界ベテルギウス鯖で活動してる魔導と戦士基本のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進撃の巨狼 第1話「完美を始めた君へ--貯金陥落--」

はい。

お久しぶりです( ゚∀゚)

どんどん話題に乗っていこうYO

というわけで進撃始ります。


少し時を遡り、5/12国戦
巨狼率いる「赤帝軍」の猛攻のため、人類最後の希望「白帝軍」はE9奪還作戦にでた。

俺は火力として、一人の人間として━━━━

赤帝軍を一匹残らず駆逐してやる!

そう心に決めて、戦場に向かった。

だが、現実はそう甘くはなかった。

赤帝1人に対して3人、4人でやっと
それも立体起動装置(飛行)がなければまともに立ち向かえない・・・

このままでは奪還作戦どころかこちらの死滅が見えてきた。

俺は意を決し、鎧の巨狼(まるQ)を叩くことにした。

そうして彼に与えたダメージは一擊で絶命させることに成功した。
(単にマジボしてなかっただけ)

ここから俺と彼の本当の戦いが始まる。

俺「マジボしてこwwww」

アドバイスやん?
俺の優しさやん?

彼「攻撃くらって遊んでたら戦士から弓うぜーからマジボ遠慮してたんだよ

うん。
日本語でおk

攻撃くらって遊ぶとは中々高度なM全開プレイにまずちょっと引いた。
そして戦士から弓だと・・・?

戦士の放つ弓が痛いとは彼の物理はそんなに貧弱だったのk・・・

俺「23k(俺からのダメージ)くらってうぜーからとか言えるメンタルに脱帽した」

ちょっと調子乗りたい年頃なんだ。
我慢してね(。・ ω<)ゞてへぺろ♡

彼「そんなくらってたか。全然気にしてなかった」

俺「あぁ、ディスプレイつけてないから仕方ないな><;」

とりあえず言うことがある

みんな!

ディスプレイつけてこwwwwwwwwwwwww

彼「余分な一発のダメに興味ないからなw」

俺「余分で死んでるってことは常に死ぬ気ってとらえておkなのかなwww」

死ぬ気の限界突破ですかwwwwwww
リ・ボーン!ですかwwwwwwww

彼「さとし一人で余裕で殺されてるわけでもないから何とも言えないが
  護衛目的は死んでなんぼでもあるからな」

うん。
日本語でおkwwwwww

ワンキルだよ?wwwww余裕で死んでるよ?wwwww

ちなみに護衛って言ってるけど、旗運んでたのウチのチームだよ?wwwwww

そ う か

彼は実はこっちのスパイだったのか・・・

俺「こっちが旗運んでたのに何を護衛してたのかな? かな?wwww」

Oh,心の声がもれちまったぜ・・・

彼「護衛って1つの仕事だとおもってるのかw」

俺「僕ヘタなんでちょっとご教授願いたいんですが護衛の仕事ってなんすか」

先に謝っとく

すまんwwwwwwwwww

聞いといてなんだが、彼は必死に説明してくれたんだ。

だが俺はもうみてなかったんだ。

動画作成に忙しかったんだwwwwwww

本当にすまんとおもってる

なので以後 

~割愛~

[広告] VPS
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。